SPECIAL

只見線

 

このページでは、只見線復興応援に関する桐蔭学園鉄道研究部の活動を紹介します。

 

 桐蔭学園鉄道研究部と只見線

桐蔭学園鉄道研究部は、福島県と新潟県を結ぶJR東日本のローカル線「只見線」を応援しています。

JR只見線は2011年の「平成23年7月新潟・福島豪雨」によって橋梁流失などの甚大な被害を受け、途中の会津川口~只見間27.6キロで長期運休が続いています。2017年に復旧が福島県とJR東日本との間で合意され、2022年度中に運行再開の見通しとなっています。顧問の山本英門が2015年から3年間只見町広報員(只見町ふるさと大使・任期終了後はふるさと応援団)を務めた縁から、毎年鵬翔祭で「只見線応援コーナー」 を作って復旧を応援してきました。

 

 

 会津越川駅ペーパージオラマ制作(2019年)

2019年には只見線の不通区間の会津越川(あいづこすがわ)駅のペーパージオラマを制作し、募金活動を行いました。ペーパージオラマとは、文字通り大半(時には100%)が紙で作られたジオラマで、厚さ0.3mmのケント紙をペーパーカッターで切り、地道にボンドで貼り合わせて作ります。結果として予想をはるかに上回る103082円の募金が集まり、福島県庁に届けました。

 

 

 キハE120形ペーパークラフト製作(2020年)

2020年には福島県只見線再開準備室からの依頼で、リニューアルした只見線の新型車両キハE120形のペーパークラフトを制作しました。このペーパークラフトは「小さな子どもでも楽しめ、かつ鉄道ファンもうならせる」をコンセプトに、初心者向けと上級者向けがセットになったものを製作しました。福島県庁で内堀正雄県知事を訪問し、ペーパークラフトを渡して活動報告を行うことができました。このペーパークラフトは「只見線応援団」加入の際にノベルティグッズとして配付されています。

 

 

只見線応援団のページはこちら

https://tadami-line.jp/support/

 

 只見川第六橋梁ペーパージオラマ製作(2021年)

2021年には豪雨災害で一部が流された「只見川第六橋りょう」のペーパージオラマを作成しました。ジオラマは幅約1メートル、奥行き約30センチ、高さ約40センチの大きさです。線路や橋にはケント紙、只見川や本名ダム、山々の木々や岩肌などには紙ねんどを使い、造形や着色を工夫して紅葉で色づいた山々や橋脚に遮られた川面のうねりなどを緻密に表現しました。

 

 

桐蔭学園鉄道研究部は、今後も只見線の完全復旧に向けて支援を続けていきたいと思います。

 

只見線ポータルサイトもぜひご覧ください。

https://tadami-line.jp/